Frantz

ぼくとオーク、オークとわたし 最終章 - ふたりの夜明け -

勇敢なる冒険者諸氏 倭国EMホール執事のスワンソンでございます。 今回はまたしても、あのオークの夫婦から救援要請が届いております。 先日もみなさまに助けられ窮地を脱した夫・Frantzでしたが、その折、妻のAntoinetteに難題を突きつけられたようで。なん…

【回想】ぼくとオーク、オークとわたし 第二章 - ねずみの行進曲 -

倭国EMホール2F事務室にて。 *ヒック* ぬぬぬ……キモチワルイ。 カナタは泥酔していた。 しばしの家出……いやちがった。修行の旅から戻ってからはじめての事件も、以前と変わらぬ冒険者達の奮闘で無事(?)幕を閉じた……まではよかったけれど、そのあと開催…

ぼくとオーク、オークとわたし 第二章 - ねずみの行進曲 -

勇敢なる倭国の冒険者諸氏。 EMホール執事のスワンソンでございます。 当ホールの主、カナタが戻られるや否や、早速援助の依頼が舞い込んで参りました。 さて、今回当ホールに援助の要請をしてこられたのは、以前みなさまがお助けて下さった錬金術師のFrantz…

【回想】ぼくとオーク、オークとわたし

みんなが帰ったあとの倭国EMホール。 冒険者達の熱気の名残が徐々に薄らいでゆくのを感じながら、カナタは緑色の扉を押し開く。 すぐそこに広がる海から涼やかな風で、まとわりつく疲労感を洗い流しつつ、カナタは通りを挟んだ真新しい建物『Wedding & Event…